ゴールドカードの入会資格と審査基準について

ゴールドカードには特別な審査がある!?


人生の中でゴールドカードを持つと言うことは一種のステータスになっています。
ここにはたくさんのサービスが用意されており、持っていることで他のカードとの差を感じることができます。
然しこのカードは誰でも持つことができると言うことではありません。
このカードを利用するためにはある一定の審査基準をクリアしなければいけないのです。
そして入会するための審査は少し厳しくなっています。

ゴールドカード入会資格は年収400万円が1つの基準

基本的には年収が400万円以上と言うことが一つの目安になっています。
この基準を満たすことができないと、カードを持つことができません。
しかしカードの利用に関して明確な年収の金額は書かれていません。
しかし最近はこの条件は緩くなっており、年収が200万円から300万円の場合でも、会社員であれば審査に通ると言うこともあります。

お仕事の安定性も審査基準の1つ

しかし逆に年収が高い場合でも、定職に就いていないと審査に通ることが厳しくなってしまいます。
たとえば自営業の人で年収が高い場合でも審査に通らないことがあるのです。
会社員の場合には安定した収入があっても勤めているところが安定した企業であり、役職に就いていたり勤続年数が一定期間を過ぎているという条件がある場合もあります。
ゴールドカードの種類によって条件が異なっているので注意します。

年齢や勤続年数も選考対象になります

しかし1度入会した場合には、更新を行うときには入会するときのように厳しい審査が行われないようになっています。
たとえば転職を考えている人は、永年勤めた会社を辞める前に入会をして置いた方が審査には有利になります。
この他に基準となるのが年齢制限です。
多くのところで30歳以上となっています。
保険などでは高年齢になると入れないと言うことが多いのですが、ゴールドカードは若すぎてもだめなのです。