クレジットカード会社による適格審査について

社会人が持ちたいクレジットカード


社会人として、クレジットカードというのは、一枚は持っておきたいものです。
クレジットカードを利用すると、ポイントがたまるなどのメリットがあります。
また、急にお金が必要になったときにお金をおろしに行かなくても良いのです。
なぜなら、クレジットカードで支払いができるからです。
現在の日本社会ではクレジットカード決済のみというケースも頻繁に見られるため、社会生活をする上でも1枚は持っている必要があります。

クレジットカードを持つには審査にパスする必要がある

しかし、クレジットカードを持つためには、審査というものがあります。
初めての方にはどのような審査内容か気になるでしょう。
そこで、ここではクレジットカード審査の内容をご紹介します。
まず、はじめに大まかに3つのことを見られます。

クレジットカード審査の3大要点

要点①収入

1つ目が、安定した収入があるかです。
カード会社も返済してもらえないと困ります。
借りた方がしっかり返せるくらいの収入があるかが見られるのです。

要点②返済能力

2つ目に、返済する能力があるかです。
1つ目の収入と同じではないかとお思いの方もいらっしゃると思いますが、厳密には違います。
十分な収入があっても、借金まみれだったり返済能力に疑問符がつく方はけっこういらっしゃるからです。

要点③生活の安定性

3つ目は、居住場所が確定しているかどうかを見ます。
また現在勤務している会社に対する勤続年数もここで調べます。
これは、夜逃げなどされないために確認する項目です。

審査は3大要点をベースに過去の借入を考慮して行う

この3つを見て良ければ、より細かな審査に入っていきます。
その審査とは、年齢や仕事関係、住居形態、家族構成など様々です。
さらに、重要視されているのが過去の借入です。
そのため、過去に他の会社から借りていて滞納した経験があると、審査も通りづらくなります。
そして、短期間にたくさんのカードを作っている人も審査に通りづらいと言えるでしょう。
たくさんのところに借りているので、返してもらえないかもしれないと思うからです。

各カード会社によっても対応が違います

そして、カード会社には、審査に通りやすい会社と厳しい会社があります。
クレジットカード審査通りやすいなどと検索するとヒットします。
なかなか審査に通らない、審査に通るか不安であるという方は、通りやすいところに挑戦してみると良いでしょう。